2013年3月5日

Opera for Kids

お雛祭りの日曜日、日中はマンハッタンにお出かけしてきました。
(また!?と突っ込む人、きっといるでしょう・・・。私も自分で、ここ最近は出かけすぎと思います。実際、風邪ひきました・・・)

今回は、オペラです!!
子どものためのオペラ。

普通は長~いオペラですが、子ども用に1時間にしたものを上演しているシアターがあるというのです。
アッパーイーストに佇む小さな劇場。
Dicapo Opera Theatre という名前です。

入ると、赤ちゃんを含めたくさんの子連れのお客さん。
オペラだからと、ジャケットにタイをしめた男の子もいました^^



最初に、ディレクターが犬を連れて(→なぜ?子どもの心を掴むためかな?)登場。
「オペラってなにか、知ってる人いるかい?」
から始まりました。
(ぜん、一人で「はいっ!!」と挙手^^; そして、"It's MUSIC!!"と答えました・・・)

簡単に、オペラのこと、今日の演目について、説明してくれました。
この日の演目は、LA CENERENTOLA  =シンデレラです。
「シンデレラは、ディズニーが作ったんじゃないんだよ~。イタリアのフェアリーテールなんだ。ピノッキオもだね」
「素晴らしいものはみんなイタリアから来ている。ピザにパスタに、シンデレラに、僕に、この犬。ね?」
なーんて、愉快に話します。 


シンデレラのオペラ。
面白かったです。
コミックオペラという種類なのですね。笑える舞台。

歌はすべてイタリア語ですが、途中途中で一時停止のようにオペラが止まり、ディレクターが出てきて、その場面と続く場面の説明をして。またスタート。
そんな感じなので、子どもたちも飽きることなく楽しめました。


最後にはディレクターに、シンガーに、マエストロに、誰宛にでも質問できます。
みんな素朴な質問をして、より理解を深めていましたよ。



まだ若いオペラシンガーたち。
将来メトロポリタンオペラに出ることもあるのかしら。

子ども向けにこんな良い機会を作ってくれている素敵な人たち。
頑張ってほしいな、と思いました。

子どもたちの(そして実は私も!)ファーストオペラ。
どうだったかな?
(ちなみに夫は何度もいろんなのを観ているけどー。私も滞在中にメト行こうかな)


4 件のコメント:

  1. 風邪回復早くてよかったね~
    雛祭りパーティー日本のお雛様より豪華!^^
    甘酒は塩麹の麹で作れるよ~
    最近作っては私だけで飲んでます。(皆様お好きでないそうです・・・)美味しいよね~

    オペラも良い体験でしたね~

    返信削除
  2. >恵津子さん、
    風邪回復悪いのよ・・・治るまで休まず動いてしまってるから^^;
    今日は子どもも鼻水出てるし、吸入して寝ることにします。
    お雛様のお祝い豪華でしょう?
    日本より家族みんなで集まってパーティしやすいから、お祝いごととかイベントごとはワイワイ盛り上がれて、楽しいです。

    返信削除
  3. 子供の為のオペラなんていいですね。オペラの知識がゼロの私も、こういうのに参加したらオペラの世界に楽しく入り込めそうだな〜と思いました。
    ぜんくん、ささっと手をあげて発言出来るのすごい!!
    そうそう、なぎちゃんMagic Tree House シリーズにハマっているのですね!子供同士が同じ本読んでいると思うと嬉しいです♪ ぜんくんも本好きなのですね。親子で読書が好きだと大人になってからも本の情報交換が出来るし楽しみですね。
    こちらも風邪引き中です。お互い早く体調が良くなりますように。
    どうぞお大事に。

    返信削除
  4. >reader93さん、
    そうなのです。子ども向けに親しみやすくしたオペラ、とってもいいと思いました。
    大人だって、いきなりメトロポリタンオペラで3時間超のオペラを、必死で英語の字幕を追いながら見るのって、ちょっとハードですものね。
    そちらもお風邪とのこと。どうぞお大事にしてくださいね。
    私は今日から復活の感じです!

    返信削除