2012年12月19日

ウィンターコンサート/クリスマスリサイタル

なぎのウィンターコンサートと、ぜんのクリスマスリサイタルがありました。

要はクリスマスの歌のコンサートです。
が、なぎはパブリックスクールなので、「クリスマス」という単語はつかいません。必ず「ホリデー」です。
歌う曲も、クリスマスの歌と、ハヌカの歌と、クワンザの歌、毎年全部入っています。
特定の宗教だけをお祝いしたらいけないという心遣いなのですよね。

一方、ぜんのプリスクールは教会付属。
よってここは「クリスマス」が全面に出ています。
歌う歌も、ハヌカの歌もあったけれど、基本的にクリスマスを祝う曲目。
イエスが生まれて、羊飼いや賢者が祝福に来た、というような歌がメインでした。

面白いですよね、この違い。




なぎたち1年生は歌もずいぶんしっかりしていました。
頑張ってたくさん歌いました!
可愛かったな。


ぜんたちも、歌はやっぱりなーなーだったけど(笑)、振り付きで歌う姿はかわいいのなんの。
さすが幼稚園児、幼児の可愛さがありますね。



そして衣装がかわいい。
マリア(赤ちゃん(イエスキリスト)のお人形を抱えて)にジョセフ、羊飼い、賢者、そして天使たち。
ぜんは、天使の衣装が一番好きだから今年も天使をやったそうです^^;







コンサートではありませんが。
今日はなぎのバレエレッスンも今季最後で、オープンクラスでした(レッスンの様子を見学したり写真を撮ったりできる)。

こちらでお世話になるようになって、3か月ちょっと。
ずいぶん慣れたようです。
こちらでは基礎をきちんとやってくれるのですが、パッセだのルルベだのアラベスクだのも、ずいぶん綺麗にできるようになっていました。

バレエ、なぎ似合うと思うし、長く続けてくれたらいいな。
所作も姿勢も美しくなりそうだし。いいなあ。




そんなこんなで、子どもたちも、常日頃からたくさん頑張って成長しているのですね。
学校やレッスンでの姿をこうして時々見られるのが、何よりの楽しみです。

ホリデー休暇中は、子どもたちものんびりゆっくり、遊ばせてあげたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿