2012年12月17日

はじめてのクリスマスキャロル

 
 
昨日はクリスマスシーズン最後の週末でした。
(まだあと一度ありますが、我が家は22日から年末まで旅行に出ます)
 
 
NYで最後になるかもしれないクリスマス、最後の週末。
どこかにお出かけしようという気持ちはあるものの、夫は病み上がり、私もなんとなくだるくて元気いっぱいどこかへ行こう!という感じでもなく。。。
 
マンハッタンのホリデーウィンドウやライトショーも見に行きたかったけど、去年おととし見てはいるし・・・。
ボタニカルガーデンのホリデートレインショーは行ったことがないし見てみたいと思っていたけど、家族4人で80ドルは高すぎる気がして・・・(苦笑)。
マンハッタンの屋外アイスリンクはクリスマス後の冬でもできるしね・・・。
 
 
そんなこんなで、のんびりとターゲットに行ったり細々した用事を済ませて夕方。
 
 
 
 
私たちにぴったりのイベントにでかけてみました。
 
ヒストリックハドソンバレーの中でも好きな「ユニオンチャーチ」。
マティスとシャガールのステンドグラスがある教会です。
ここの、クリスマスキャロルに参加することにしました。
突然行けばいいし、無料だし、寒い外を歩くわけじゃないし、クリスマスの行事だし、完璧です(笑)。
 
 
 
せっかく、アメリカで過ごすクリスマス。
ツリーやサンタ以外のクリスマス感を味わうよい機会です。
 
 
 
教会の中は、何度見ても美しいステンドグラスに加えて、たくさんのポインセチアや、イエスの生まれた瞬間を再現した陶器の人形で飾られていて、とてもきれいでした。
写真撮影が不可なのが本当に残念。。。
 
 
 
さて、クリスマスキャロル。
譜面と歌詞をみながら一生懸命歌いましたよ。
 
私はなじみの曲が多かったですが、なぎぜんはあまり知らない旋律だったようで、歌うのが難しかったそうでした。
10曲以上はひたすら歌ったかな。子どもたちは最後はつかれてました(苦笑)。
 
でも、パイプオルガンの音色とキャロルの歌声は、何かしらクリスマスの思い出に残ってくれるのではないかな。
 
とても素敵でした。
 
 
 
 
                       *********
 
 
こちらは、今朝、ぜんのプリスクールの敷地で。
 
教会付属のプリスクールなのですが、このようにサンディフック小学校での犠牲者のための祈りの場がつくられていました。
 
我が家は、月曜の今朝になってようやく、子どもたちにもこの事件のことを話しました。
できるだけ、さらっと。
でもやっぱり、こうしてこの事件の話はあちこちで子どもに情報が入ってくるのだとわかったので、もう少しきちんと、話して聞かせようと思います。
 
一人一人の名前と年齢が書かれたハートを見ると、本当に涙が出ます。
 
亡くなったうちの一人、Victoria先生という方は、FBで流れてきた情報ですが、銃声を聞いて、クラスの子どもたちを急いでキャビネットやクローゼットに隠したのだとか。
侵入者がやってきたとき、クラスの子どもはジムにいる、と言い、侵入者は先生を撃って別のクラスへ向かったそうです。
クラスの子どもたちを守った先生、と伝えられています。
 
安らかな眠りを祈ります。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿