2012年11月5日

well, ny is still not back to normal yet...

先ほど明るい記事をアップしました。

でも、その後、今サインディの被害をTVのニュースで見たところ、まだまだ被害を受けた人々は苦しい時期を過ごしていることを知りました。

(知らなかったわけではないけれど、ハリケーン後マンハッタンに行った人はみんな「思ったより普通だった。電車もバスもタクシーも。ブルックリンへもスムーズにいけたし」と言っていたので、何となく安心していたのかもしれません)


ウェストチェスターもダメージは大きかったのですが、この近辺はわりと生活に余裕のあるような人たちが暮らす地区と言えます。
ロウアーマンハッタンやロングアイランドで、家を失った人々が避難所に詰めかけ食糧やブランケットを求める姿。
ガソリンに11時間並んで買えなったという人の姿。
報道を見ていると、心が痛みます。

せめて、身近な人で停電など被害を受けた人のお手伝いだけでもできればと思う日々ですが、こういうとき、困っている人の役にたつことのできない無力さを感じます。

きっと、震災後の日本でも同じような状況があったのだろうと想像します。



明日は大統領選挙のElection Day。
再来週は、サンクスギビングもあります。
日本のお正月のように、家族揃って団らんしながらディナーをする日。
サンクスギビングの夜、できればすべての人が、暖かいほっとする場所で、美味しいディナーを食べられることを切に願います。


                      *******



ハリケーンの傷跡もまだ残っている状態ですが、明後日の水曜の夜、またストームがやってくるようです・・・。
風速など数字を見ているとまた大きな被害をもたらしそうなストームのよう。。。。
ただでさえ、倒木の処理も電線の復旧も途中なのに!!
これ以上ひどいことになりませんように。
(そして雪になってスノーストームになりませんように・・・。雪の運転、本当につらいです)


今日はこの秋一番の冷え込みです。
夜には、郊外では華氏20度台になるそうです。(摂氏-1度から-3度くらい・・・)
(マンハッタンでも華氏34度予報)

みんなが暖かく落ち着いて夜を越せますように・・・・。




2 件のコメント:

  1. ハリケーンのニュースはとても気になって見ていました。息子の学校の保護者たちの中にも東海岸に家族がいる人も多々いて皆心配していました。

    被害にあった方達が一日も早くもとの生活に戻れる事を祈っています。冷え込みも激しいようなので、燃料不足が一刻も早く解消されますように。

    遠くからで何の力にもなれませんが、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

    返信削除
  2. >reader93さん、
    コメントありがとうございます。
    今回のストームは本当に被害が大きくて、しかもやはり身近で起きていることなので、どうにも被害を受けた人々がどうしているか、気にかかります。
    あちこちで色々な手助けのイベントや寄付が動いていて、学校でも、未だ電気の無い生徒は放課後残って宿題などをできて、夕飯もカフェテリアで食べれられる、というイベントも今週行われるそうです。
    燃料不足は、一段落した感はありますが、ガスが減ってくるとちょっと緊張します・・・。

    返信削除